話題の【洋風おせち】を食べてみた!

伝統的なおせち料理は、決して子供や若者の口に合う味付けばかりではありません。そのため、お正月はおせち料理ではなく、コンビニの弁当やファミリーレストランで食事すると言う若い家族も増えています。一方で、おせち料理を洋風や中華風にアレンジした通販おせちを購入する事で、伝統を守りつつも口に合う物を取り入れるようにしている方も多くいるようです。

 

例えば、洋風おせちであれば、イタリアンやフレンチでまとめられているため、一品料理としてのクオリティーも高く、子供でも食べやすくなっています。また、お屠蘇で祝う所をワインに替えて、スタイリッシュなお正月を過ごす方も増えているようです。

 

定番のローストビーフやスモークサーモンなどはそのままでも十分に楽しめますし、残った時にはローストビーフを炒め物に使ったり、スモークサーモンをサラダや生春巻きなどに使い回したりする事もできるので、残って困ると言う事もありません。そのため、今では和風おせちに負けないくらいの人気を博しているのが、洋風おせちなのです。

 

しかしながら、洋風おせちだけでは味気ない、伝統的ではないのでお正月気分にならないと言う意見がある事も確かです。そのような方は、和風と洋風を取り合わせた和洋折衷おせちを購入する事をお勧めします。

 

和洋折衷おせちの大人気商品と言えば、やはりオイシックスの和洋折衷高砂でしょう。味とボリュームにこだわるだけでなく、中国産を使わず、着色料や保存料まで使わない配慮で、安心、安全に食べられます。そのため、オイシックスでは10月の時点で予約注文が5000件を突破しています。また、オイシックスのおせちには既に完売となっている商品まであります。これだけの人気に裏打ちされたオイシックスのおせちですから、満足する事は間違いないはずです。

 

このように、洋風おせちは食べ飽きないと言う点からも、最近は取り扱うメーカーが増えています。有名シェフ監修のホテルおせちなど、伝統の中に光る新しさと高級な味わいが嬉しいおせちになっていて、あっと言う間に売り切れてしまうようです。

 

お正月は伝統を重んじるだけではなく、家族で楽しく過ごすために、洋風おせちやホテルおせちにしてみてはいかがですか。一味違ったお正月を過ごしたい方にはお勧めです。ですが、オイシックスのおせちのように売り切れてしまっては大変なので、早めに注文する事をお勧めします。